キャバクラで思いやりがある者にお客さんはついてくる

今日からキャバクラでナンバーワン

思いやりのないキャバ嬢にはお客さんがついてこない

思いやりって、いろいろな場面で感じられるとすごく気持ちが穏やかになって、嬉しくて、更に涙が出てしまいます。キャバクラで働く女性も、この思いやりをもって働いて欲しいのです。夜の世界はとても華やかなイメージですし、お酒を飲んでおもしろおかしくやっているといったイメージを持っている女性もいるかと思いますが、キャバクラで働く女性たちはそれなりに苦労しているものです。思いやりをもっての接客と、簡単に言っても中にはとても嫌なお客さまもいます。何が気に入らないのかやたらとキャバ嬢に当り散らす男性や、些細な失敗をいつまでもネチネチ行ってくる男性、体に触ってくる男性など、いろいろな人が店にはきます。

そんな相手に対しても尾もやりは必要なのです。そこでもし、キャバ嬢がトラブルを起こしてしまったら、店に迷惑をかけますし自身にもマイナスになってしまいます。あまりにも無理強引な強要があれば、店のスタッフに言って対応してもらえばいいのです。自分が接客をしている場所では、できるだけトラブルを起こさないようにしましょう。大げさに言えば、顔で笑って心で泣いてといった感じです。気に入らないお客に、気持ちの通りの接客をしては相手もおもしろくないでしょうし、反対にお金を払ってその態度はなんだと叱咤されてしまいます。さらに頭の良い客は、逆手にとって店に対しても損害になってしまうような行動をとってしまうものです。

キャバクラではそうしたトラブルは運営に関して命取りになります。思いやりをもつことは、簡単な場合と装でない場合がありますが、接客業というのはできるだけ良いも悪いも思いやりの精神をなくしてはいけない職業なのです。新規のお客様には、早くキャバクラ店の雰囲気に慣れていただけるように優しく気配りをしながら接客していきましょう。いつも指名をしてくれる相手には、毎回最高級のおもてなしをしていきましょう。

貴方がもつ思いやりの大きさで、これからどんなに指名が増えるかにも関係してきます。とかく人気ナンバーワンのキャバ嬢は思いやりを武器にしているものですよ。人知れず多くのお客を思いやって仕事をしているからこそ、ナンバーワンになれる人気をものにできているのです。トップに上り詰めるだけのことはあると言うことですね。簡単そうで難しいことかもしれませんが心をこめた接客をしていくことで、いつしか貴方も頂点に立てる日がくるかもしれません。

©2015 キャバクラでナンバーワンになりたい方におくる言葉