キャバクラで会話が上手な女の子は超有利ですね!

今日からキャバクラでナンバーワン

会話がはずむキャバ嬢にはお客さんがついてくる

キャバクラにきてくれるお客様に、どれだけ満足してもらえるかそれがキャバ嬢の器量と言うものです。最初の会話は挨拶から始まりますが、そのあとは軽い感じで会話をはじめてみましょう。初めてのお客さんとは、何を話して言いかわからないものですが、キャバクラにきてくれている時点で、相手も少しは緊張しているはずです。そこを少しでも和らげるような会話をしていきます。できれば、いろいろな会話をしていく中で良い共通点を見つけられたら、そこから会話が広がっていきますよね。

また共感できる話や興味のある話でもいいのです。どんな小さなことでも「これならいける」と感じたら、その話題をどんどん広げていきましょう。また、話をするだけではけません。リズムよく相手の話も真剣に聞いてあげることも大切です。とかくお酒が入っていくと口数が多くなっていくキャバクラ嬢がいますが、相手のことを聞いてあげることでその場の雰囲気もほどよくまとまってくるものなのです。一方的な話では会話になりません。また、どうしても話の共通点が見つからないといった場合には、オープンな質問を投げかけると意外に話が弾むことがあります。「そうですか?」「いかがですか?」などとお客様が「はい」「誓います」など取った感じで一言では答えを返すことができないような質問を投げかけてみましょう。

そのためには、キャバ嬢自身がいろいろな情報の引き出しをもっていなければなりません。過去にあった話でもいですし、今話題の話でもいいのです。何でもいいから会話が続きそうな問いを投げかけてみてください。相手が答えることに対して疑問がなくても、そこでまた疑問を問いかけてみると、それに対して相手がまた答えを見出してきます。このように話をし続けていくことで、意外に問いかけだけしているように見えて、しっかりした言葉のキャッチボールができているものです。ここまできてしまえば、その中で笑いがあったり、同調する部分があったりして初めてのお客さまとも楽しく時間を過ごすことができます。

これができればキャバクラでもかなりのテクニックをもったキャバ嬢としての立ち居地を得ることができるものです。キャバクラにくるお客さんを楽しませるのは、キャバ嬢だけなのですから、情報源は数多く自分の中に入れておきましょう。そして上手に引き出しからだしていくのです。そうすれば相手も緊張しないで嫌な間もなくなりますよ。

©2015 キャバクラでナンバーワンになりたい方におくる言葉