キャバクラでこまめな女性は売れるキャバクラ嬢の素質有り

今日からキャバクラでナンバーワン

こまめなメールや電話がキャバ嬢にとって重要な営業活動

キャバクラで働くと言うことは、女としての気遣いがいろいろな場面で問われるものです。時にはこまめにお客さんに連絡を入れるのも仕事のうちです。もちろんキャバクラ店に来てくれるお客さんにもこまめな接客をしていくことが大切です。お金を支払って楽しい時間を買う男性からしてみれば、おおざっぱな扱いを受けるためにお金を支払うわけではありません。指名客でなくても同じように扱っていかなければ、キャバクラ店にも迷惑をかけてしまいます。お客さんは一度嫌な思いをすれば、その店には来なくなってしまうものです。

他にもキャバクラ店が多くありますからね。キャバクラ店にくるお客さんは、地方から主張などできている人も多くいます。このような人に対して、出張日数が数日あるときには、こまめに連絡することで同伴まで持ち込める可能性もあります。メールでもいいですし、差し支えなければ直接電話をしてみるのもいいでしょう。こうしてこまめに連絡をとることで、相手の男性は出張中という特別な環境もあって気持ちが大きくなるものです。さらに毎回、相手に出張があるのなら事前に美味しいお店などを探しておき、相手に情報を伝えることで、また次回出張に来たときには自分がいるキャバクラに来て欲しいといったことも自然にいえるものです。キャバ嬢がこまめに動くことでキャバクラ店の集客数が増えますし、店の雰囲気も良い方向へ向かってきます。

結局こうしてこまめに動くキャバ嬢を在籍させている店は、繁盛しているものですし店の中の雰囲気も良いものです。在籍している女性がギスギスしている店は当然雰囲気も悪いものになってしまいます。とにかく普通の接客だけでは、お客さんの心をそうそう簡単にはつかむことができません。このような動きや、事前の調査などを行っていくことで気配りが出来る子という印象を持ってもらえますし、またこの店に来たいという気持ちになってもらえます。

更には自身を指名してくれるようになるのです。キャバ嬢のナンバーワンの女性の中には、メールを頻繁にしているだけで店の上位に常にたっていることができている者もいます。メールの内容にもよりますが、あまり押し付けがましいものではなく「できれば」「時間があったら」「気が向いたら」などという感じで、無理強いしない程度のお誘いを入れることで、相手も一応頭の中に入れておくものです。そして実際、時間ができればキャバクラ店に行こうといったことになります。

©2015 キャバクラでナンバーワンになりたい方におくる言葉