キャバクラで気配りができるキャバ嬢が成功するのよ!

今日からキャバクラでナンバーワン

気配りができるキャバ嬢はお客さんのリピート率が高くなる

キャバクラに勤め始めた頃は、何に対しても気配りをしなければと神経をすりへらしていたものですよね。しかし、接客にも慣れてくるとちょっとした気配りも怠ってしまうこともあります。あるいは、来店回数が多くなってくる男性に対して態度が粗末になっていくこともあります。どんなに自分を指名してくれても、意識していないのに雑になってしまっていることがあるのです。気配りは常にしていなければキャバクラでは評価が下がる原因になりますので、気をつけてください。常に初心を忘れないで気配りをしていくことで、お客さまにも気持ちよく充実し、満足のいく時間を過ごしてもらうことができますし、その結果キャバ嬢としても評価があがっていきます。

いつも新鮮な気持ちで接客することで、気配りのある態度も自然にとれますし、お客さんも離れていかないのです。どんなにお酒を飲んで酔っていても、テーブルマナーはしっかりとしましょう。アイスや割り物、そして灰皿など、お客様のグラスに気を配っていくことは大事なことです。良くありがちなのが、酔ってくるとどうしてもテーブルの上が汚くなってきてしまいます。お酒が減っていても作らなかったり、灰皿も吸殻がいっぱいたまっているのにそのままになってしまいます。こうした光景をそのままにしておくことで、そのボックスがとてもだらしない場所になってしまいます。イコール、そこに座っているキャバ嬢の品格が底辺に感じられてしまうのです。だらしのない雰囲気は会話や接客の態度にもでてしまうもので、それが馴れ合いになってしまいます。

こうなってしまうとただの酔っ払いの男女としか見えなくなります。キャバクラでキャバ嬢として働くのでしたら、こうしたことでは困ってしまいます。このような子は自給も低いですし、指名も取ることはできないような子です。気配りが行き届いているキャバ嬢は寄っていてもこのような失態は絶対しません。あくまでもお客さんはお金を支払ってキャバクラにきているわけですから、もらう側の人間がこうした都度では店の各も下げてしまいます。

よくしたもので、お客さんは酔っていても気配りができていないところはしっかりと覚えているものです。ですから気配りのできない子は指名がいつまでたってもないのです。それはお客が覚えているから、絶対に再度来店しても指名はしないのです。どれだけキャバ嬢としてのプライドがあるかないかで、差がでてしまうものなのです。

©2015 キャバクラでナンバーワンになりたい方におくる言葉